カテゴリ:編み図( 14 )

まっすぐ編むボレロ

先日、だいぶ前に編んだ鍵針編みのボレロについてお問い合わせがありました。

a0049614_10251965.jpg
まっすぐ編んで、袖口の箇所を空けて、またまっすぐ編みます。
上下を逆に着るとこんな感じです。
a0049614_10453987.jpg

製図はこちら
a0049614_10270413.jpg
編み方は※1の方向から編む※2の方向から編む※3(参考)と模様によって編む方向を変えると編みやすいかもしれません。

※1の場合
1、模様のゲージを取る
2、寸法から目数を割り出して目数、段数を決める
3、裾から29センチ編んだら、袖口の部分はあけるので、……23センチの段数分は3箇所に分けて編み、23センチ編んだら編みはじめと同じように116センチ(40➕36➕40)の目数で13センチの段数を編む。
4、周りを一周、縁編みをする

※2の場合
1、2は上記と同じ。
3、40センチの段数を編んだら、13センチ編み、袖口の23センチの部分を伏せながら編む。残り29センチを編む
4、次の段で前の段の伏せ目のところで
(別鎖で23センチの目数をを作っておいて)
その鎖の目を拾いながら編んでいく。
5、同じ要領で最後まで編む

※3は参考に……まず後ろ身頃になる部分を裾から編み、
編む方向を変えて、脇部分から、左右の前縦に向かって
編みます。この写真のものは、このやり方で編んでいます。
どのやり方でやるかは、模様によって変わると思います。

糸、模様によって目数、段数が違うので
説明が難しいです。
文章での説明はわかりづらいかもしれません。

本屋さんで見つけたのですが
「簡単たのしい手編みの時間」という編み物の本に
まっすぐ編むボレロがのっていました。
探してみてください。

このボレロ、棒針で編んでも、雰囲気が変わって素敵なものが出きると思います。 

頑張って素敵なボレロを編んでくださいね。


[PR]
by teamikiraku | 2017-11-07 10:23 | 編み図 | Comments(0)

スヌードの編み方

先日、紹介したスヌードがかんせいしました。
a0049614_12323734.jpg

編物初心者の地模様を編む練習になると思います。

10号棒針使用。40目の作り目。
25㎝×130㎝のサイズ……首に2重に巻くことができて、緩すぎず、首回りにフィットするので、このサイズは良いのではないかと思います。

大体、6or7㎝毎に模様を変えています。

これでOKという長さになったら、作り目と棒にある目をはいで、輪にします。

模様は
ガーター編み
市松編み
2目2段かのこ
1目2段かのこ
等々、何でも大丈夫。
縄編みなどを使うと、ゲージが変わってくるので、全て地模様を使って下さいね。
ポイントに4目のガーターをヒモ状に8こ編んでいますが、これは無くても良いですよ。

参考に……
4目のガーターを糸をつけながらお好きな段数編みます。
編み終わりの目は針に休めておきます。
8個ガーターのヒモを編んだら、
順番に編みはじめと同じように40目のガーターを編み続けます。

12月は何かと忙しいですが、お正月はだらだらと過ごしがちです。
糸を準備して、テレビを見ながら手を動かしてみてくださいね。




[PR]
by teamikiraku | 2015-12-07 12:08 | 編み図 | Comments(2)

指開き手袋の編み方

簡単な手袋の編み方を紹介します。
a0049614_15593944.jpg

糸によって、下記の目数、針の号数は変わりますのでご注意を!

中細糸+モヘヤ糸の計2本取り。
棒針8号使用。

①指で作る作り目で40目・・・・20~21cm

②表編み6段。
裏編み6段。
交互に6回繰り返す・・・・広げて20cmくらい・・・自分の手の周りサイズに合わせてね

③編み終わったら、綴じ糸分40cmくらい残して切る・・・・片側は作り目。もう片側は棒にある目
(難しかったら、編み終わりをかぎ針で引き抜いてしまってから、編み始めの目と引き抜きで綴じる

a0049614_1557823.jpg


a0049614_1558730.jpg


写真の手袋、モヘヤ糸を使っているので、とても暖かです。
が、モヘヤは毛がフワフワフワ・・・・
気になる方は毛足を少し、はさみでチョキチョキ切ってください。
私は本当は、モヘヤが苦手です。
で・・表側のフワフワを少し切りました。すっきりしましたよ。
[PR]
by teamikiraku | 2011-12-22 16:01 | 編み図 | Comments(4)

かぎ針ストール

カシミヤ混の中細糸が中途半端に残っていたので
かぎ針でストールを編んでみました。
a0049614_10102988.jpg

おんなじ模様じゃ、面白くないので
気ままに模様を変えました。

いいんじゃない?
自己満足!

かぎ針5号。
31目の作り目。
模様は一模様が30で割り切れるものを使います。
たとえば、一模様が3,5,6,10など。
a0049614_1011132.jpg

4分割しましたが、3模様でも2模様でもお好みで変えてみてください。

幅は31目だと12センチくらいしかなかったので、ぐるっと1周、縁編みを編みました。
31目より多くても大丈夫。
長さは160センチ。

編み会の皆さんも、年末からお正月にかけて、チャレンジしてくださいます。
完成が楽しみ・・・
[PR]
by teamikiraku | 2011-11-21 10:12 | 編み図 | Comments(1)

製図用紙の作り方

ニットを勉強し始めた時
最初に習った先生は、原型ではなくて
ヴォーグから出ている方眼ノートを使って
4分の1の縮尺で製図を書かれていました。
簡単で便利なのですが、少々正確さに欠けます。

その次に縁あって教えていただいた先生は
原型製図。
みっちりしこまれました。

現在は、販売目的に編んでいることが多いです。
9から~11号サイズのものなので
身幅、肩幅、着丈が大体決まっています。
なので、4分の1サイズの製図を使っています。

脇や襟ぐりの減らし目は「ヴォーグ編目グラフノート」を使っています。
これは目数と段数の比率で4種類ある方眼紙の中から選んで使います。

より正確さを求めると
原型製図にゲージの目数と段数を書き込んでいかねばなりません。

編みこみ模様にPCで作った方眼紙を使うと便利と
以前、紹介しました・・・・こちら・・・
目のサイズは四角ではないので、方眼紙で模様を作ると
幾何学模様ならさほど無理はないのですが
動物などの場合、少々形が崩れたりします。

こちら「たた&たたおの編物入門」というサイトでは
実寸ゲージ用方眼紙というものを紹介されています。
他にも編み物のいろんなヒントを惜しげなく紹介されていますよ。

こちらブログつながりでお世話になっていますpikoさん。
こちらでもわかりやすく説明しておられます・・・

製図ができることは基本なのですが
これが災いすることもあります。
フリーなものを楽しめないのです。
ちゃんとなっていないと気持ちが悪いです(といっても、かなり大雑把な性格なんですが・・・)
ゆるい、崩したおもしろさを作る事ができない、発想が湧かない・・・
最近、この壁にぶちあたっています。
a0049614_11584856.jpg

今まで編んだ編地を少し並べてみました。
発想が湧きません~
[PR]
by teamikiraku | 2011-06-27 12:03 | 編み図 | Comments(2)

babyの帽子

ニットの帽子って、簡単そうで難しいです。
本の編み図通りに編んでも、被った時にしっくりいかない事が多いと思います。

やはり自分サイズに編まないと駄目ですね。
そのためには、簡単で良いので、ゲージだけは最初にとっておくべきです。
頭周りは無論大事なのですが
頭の深さも大事です。
そしてツバがある場合は、人によって似合うツバの広がりが違うので
自分に似合う広がりは、編みながら、何度も被り、納得がいかなければ
何度も解いて編みなおした方が良いです。

以前に新生児の帽子を編みましたが・・・
想像で編んだので
深さがいまいちでした。
頭囲と深さだけは測った方が良いです。

編み方は基本的にはこちらのやり方でいけると思います・・・・
新生児の場合は、この様な形よりは、四角が合さったような形の方が
良いかもしれません。
あごにかけるヒモは必需品。

こちらに何点かbabyの帽子の編み図がでています・・・

子供は帽子を嫌がるようですが
赤ちゃんの時から習慣つけると良いようです。
[PR]
by teamikiraku | 2011-06-02 08:51 | 編み図 | Comments(2)

メビウス編みのショール

↓のネックウォーマーに引き続き、ショールを編んでみました。
a0049614_19491966.jpg

サイズは幅90cm。
ゲージをとって、目数を決めます。

作り目から表編みで編み出していくと
前回書いたように、正面から見て
作り目から上に表目、下に裏目が現れてくるのがやはり、気に入りません。
それで、途中から目を逆にして、裏編みで編み出しました。

すべて表編みにしたい時は
作り目が100目だとすると
拾い目をすると200目でメビウスの1周となります。
編み始めにリンクをいれます。
100目編み、リンクのところに来てもそのまま編み続けるわけですが
  (リンクのところで作り目の上100目と下100目に分かれるということになると理解しているん   ですがあってるかな?)

このリンクのところで
100目、表目で編む。次の100目は裏目で編むと繰り返せば
正面から見て同じ表目に見えるということになるはずです。
a0049614_19523412.jpg

出来上がったものを着用してみましたが
あまりしっくりきません(泣・・・)
どんなふうに着こなすのがベストなんだろう?
ねじれている部分の厚みが邪魔なような気がします
a0049614_19544153.jpg

私、個人的には
平たいショールを編んで
ブローチで留めたり、大きく巻いたりする方が好きです。

でも、綿糸で透かし編みで編んだ見本はとても素敵でした。
春夏はさらっと肩にかかっているだけでOKなので
ウールより綿、麻糸の方が適しているのかなと思います。

どなたかとても素敵に着こなしておられる方がいれば
教えてくださいませ。

ポチっと応援をよろしくお願いしますね→にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
[PR]
by teamikiraku | 2010-02-08 20:01 | 編み図 | Comments(2)

メビウス編みについて

先日、メビウス編みについて質問がありました。
メビウス編み用の針は購入していたのですが
まだ未経験だったため
急遽、初挑戦です。

針についていた説明書にある作り目の方法と編み方は
とても簡単すぎて、少し説明不足。
写真も見づらいです。

それでこちらのクローバーさんのサイトで動画を確認。こちら→

ネックウォーマーを編むことにしました。
ゲージをとり、ネックウォーマーのサイズを58センチとしました
8号針で86目。
a0049614_10332135.jpg

作り目はかぎ針を使用するやり方がわかりやすいように思います。
その後がわかりにくくて・・・たぶん、自分の先入観だと思うのですが
編物は作り目から上に(下方向の場合もありますが・・)編みあがっていきます。
これはその固定概念とは違い、これがメビウスということだと思うのですが
作り目から上下に目が出来ていっている感覚です。
正面から見ると作り目から上方にメリヤス目
下方に裏編み目が見えます。
a0049614_10334234.jpg

最初はぐるぐると表編みばかりを続けていきました。
そうすると上下に表編みと裏編みが見えてきましたので
途中から裏編みばかりでぐるぐると編んでみました。
当然ですが、上下の編地が逆になりました。

やっと納得。
編んでみないとわかりません。実感です。

メビウス編みの編み図を見ると
作り目から編み方向の矢印が上下に出ています。
上記、リンクしていますクローバーさんの編み図を参考にしてください。

そして作り目がたとえば50目だと計100目と記され
50目(100目)と記載されています。
これが編み図を見ているだけだとわかりにくくて
実際に編んでみないと理解しにくいです。
a0049614_1034024.jpg

ネックウォーマー、58センチだと少し大きかったです。
ヘアバンド兼耳あてにするには丁度良いサイズ。

肩から落ちにくいショールが編めるということですが
やはりゲージをちゃんととって
自分サイズに編まないと、意外に使いにくいような気がしています。
次は自分サイズのショールに挑戦です。

ポチッと応援をお願いします→
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
[PR]
by teamikiraku | 2010-01-31 10:45 | 編み図 | Comments(8)

あけましておめでとうございます

2010年、みんなの心が穏やかで
大事な人たちが笑顔で過ごす事ができますように・・・・

本年もよろしくお願いします

a0049614_063887.jpg

[PR]
by teamikiraku | 2010-01-01 00:06 | 編み図 | Comments(6)

ルームシューズの編み図

2008年の冬にルームシューズの講習をしました。
見本を決定するまでには、常に何点か試作をします。
a0049614_1085877.jpg

上の黄色いものはガーター編み。
下のピンクの室内履きは以前に編み図を紹介しましたこちら・・・
綿糸に変わってウール糸で編んだものです。

a0049614_109351.jpg

黄色の展開のもの(広い部分からつま先に向かって編んでいます)を閉じると
横にある、グレーと赤い室内履きになります。

片方はガーター編みで、赤い方はつま先をメリヤス編みにしてみました。

今回ご紹介する室内履きは糸の太さが変わっても変更が簡単な編み方です。
a0049614_10173199.jpg

輪を作り、かぎ針7号で6目細編み。
2段目12目。
3段目24目。
4段目30目。(図のように円を作る増し目の方法で編んでいきます)
この段階で円の直径が6.5cm(糸によって段数が異なります)
目安は直径6.5cm。

5段目から増減なく13cm-6.5÷2cm=約10cm編みます・・・・この時の編み方はぐるぐると同じ方向でも、往復しながらでもどちらでも好みでOK。

10cm編んだら、糸を切り、履き口の部分、4目を中央に残して新しく糸をつけて
往復しながら10から11cm編みます(足のサイズによって調節してください)
a0049614_10265366.jpg

次はかかと部分を編み図の様に編みます。(茶色の糸と書いてあるのは無視してください)

最後にかかと部分をはぎます。
そして足首回りを図の様に拾い目をして(履き口に残した4目も拾います。この4目の真ん中が中央になり往復で模様編みします)
完成!
a0049614_1033822.jpg

足首部分は拾い目をしてから編む段数によって足首が隠れるくらいになり、暖かさ倍増です。
編み始めの円部分だけ色を変えたり、シマシマ模様にしたりと
個性豊かなマイルームシューズができますよ。

慣れれば、細編みではなくて、模様編みで編んでみてください。

ポチっと応援宜しくお願いします→

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
[PR]
by teamikiraku | 2009-02-09 10:49 | 編み図 | Comments(6)

手編み着樂です。色の組み合わせを楽しむニット達を編み、ギャラリーやクラフトフェアなどにて出店販売しています。


by kiraku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る