カシミヤセーターと黄砂

a0049614_158524.jpg

先日テレビで黄砂についての番組を見ました。

中国で発生した黄砂は、主に西日本に流れてきます。
最近は北海道にも黄砂が見られるようになったらしい。
それはモンゴルから流れてきているそうです。

その原因のひとつとして
政府が遊牧を禁止したり、個人個人の競争心をあおるために
柵を作ったり・・・
日本がカシミヤを輸入する事もその競争心の一因だとのこと・・・

その結果
過牧となり、ヤギが草を食べ尽くし、根っこまで食べてしまうので
二度と草が生えてこなくなるそうです。

モンゴルは砂地の上に薄い草の生えた土地が乗っかっている状態。
先人の知恵で、遊牧することで、草を根絶やしにする事を防ぎ、
そして、決して土地を耕してはいけないと言われ続けていたそうです。

しかし、遊牧を辞め、定住した人たちが
作物を作ろうと耕した結果、砂が現れ、どんどん砂漠化していき
この状態が黄砂の発生の原因となる・・・・という番組でした。

そしてナレーションの締めくくり・・・・
「カシミヤのセーターは、ひとり、何枚も必要なのですか?」

無駄をして、贅沢をすれば、そのつけはいつかは自分に帰ってくる・・・・

今年カシミヤのセーターを是非とも編みたい!と思っていた矢先の番組。
う~ん・・・って考えてしまいました。
[PR]
by teamikiraku | 2007-05-05 15:09 | ニットの事 | Comments(0)

手編み着樂です。色の組み合わせを楽しむニット達を編み、ギャラリーやクラフトフェアなどにて出店販売しています。


by kiraku
プロフィールを見る
画像一覧