ニットの教科書

今編んでいるのは擬麻加工のシルクの長袖プル。
シンプルな編地なので、シルエットがきちんとしたデザインで・・・
ウエスト部分を絞って、胸にはダーツを入れて・・・

さて胸のダーツってどこらあたりに入れるんだったっけ?

胸ダーツを入れると、模様が崩れるので
あまり入れたことはありません。
補正原型を使い脇から上は、後ろ身頃は3センチ長く
脇から下は前身ごろを2~3センチ長く編み、綴じる時にいせこみます。

初心に返って
昔の製図の本を引っ張り出しました。

そしたらば、いやいやあるある・・・・
教科書が・・・・
a0049614_712547.jpg

ご近所の先生に教えて頂き、その後、指導員コースは横浜のヴォーグまで通いました。
懐かしい。

古臭い写真の本があります。
これがなかなかいいんです!
時々、わからない事、忘れた事を見直すのに・・・
a0049614_7122640.jpg

さて、無事ダーツも入れて
ただいま、袖を編んでます。
もうすぐ、完成予定。


ポチッとお願いします→にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
[PR]
Commented by piko4438 at 2007-04-30 14:45
私は「ひまわり」と言う教室です。
発祥はトスの地で先生はカネボウ所属の貞包先生です。

それで他流試合とばかり、ヴォーグの講師も通信で採りました。
懐かしい本ですね。今は編み物検定も無くなりましたが、これも
1級機械を取りました。

要するに何でも徹底的に、やる性格でして、まだまだ、
解らない事ばかしです。毎日が勉強、挑戦する事に生き甲斐を
感じてます。
同じ趣味を持つ者として、末永くお付き合い下さいませ(ペコッ!
Commented by teamikiraku at 2007-04-30 22:30
pikoさん
ほんとに徹底的に頑張られるんですね。頭がさがります。
毎日が勉強・・・まさしくそうです!
最近はちょっとやらないと、すぐに忘れています。そんな時に教科書が役立ちます。そんなですので、わからないことは、また教えてくださいね。
ヨロシク^^
by teamikiraku | 2007-04-28 07:14 | ニットの事 | Comments(2)

手編み着樂です。色の組み合わせを楽しむニット達を編み、ギャラリーやクラフトフェアなどにて出店販売しています。


by kiraku
プロフィールを見る
画像一覧