アランセーター

2007年は伝統ニットを自分なりに、編んでみようかと思っている。
色の組み合わせ
糸の種類
固定観念を少しでも崩せたら・・・
あ~言っちゃった。できるかな~?
a0049614_731303.jpg

「装苑」でアランセーターが特集されていた。
以下、装苑より・・・抜粋・・・

アラン模様はアラン諸島で編み継がれてきた模様。
アイルランドがイギリスから独立して、
その後の対米輸出政策としてアランセーターは最重要品目だった。

まずクリスチャンディオールが目をつけ
当時の大統領のケネディー(アイルランド移民の子孫)の力も得て
全米で大流行。

それから100年もの間、アランセーターは編み継がれている。
が・・・アラン諸島を訪れる観光客が増えてきた近年、
島の人たちはセーターを編まなくても食べていけるようになった。
その結果、ニッターさんがいなくなりつつある。

イギリスにアトリエを構える、ニットデザイナーのヒカル・ノグチさんのインタビューが
とても興味深かった。

イギリスでもやはり中国の熟練職人によるものが貴重とされている。
先進国の高賃金の場合、それに見合う特殊技術、サービスなどの付加価値がない
と存続は前途多難。

ニッターの高年齢化が深刻で後継者が育たない。
産業としての手編みニットが絶滅すのは時間の問題。

ーーーーーーーー

最近、ニットカフェ・・なぞがだいぶ流行っているらしい。
本屋に行っても、雑貨小物のニットの本が次々に発売されている。
ちょっぴり、ニットウエアはおされ気味・・・

手編みセーターは絶対!あったかい。
市販セーターに負けない付加価値をつけて、編んでいきたいものです。
Commented by tablemei2 at 2007-03-06 20:38
こんばんは〜♪
>手編みセーターは絶対!あったかい...ほんとにハートが編み込まれるのですもの、温かい訳です^−^
スローライフにニットウェア、いいと思いますよ!
Commented by teamikiraku at 2007-03-07 07:15
機械と違い、手で編む緩みが暖かさなんですよね。
絶滅だけは嫌ですね~
こつこつ編んでいきます~
Commented by chojiiro at 2007-03-07 07:39
心がこもってますものね、手編みは。
またこの模様は白の糸に合いますね。
手編みのセーターはそれだけで付加価値、、、そんな素晴らしい技術を
もっていらっしゃるきらくさん、技術があるのは素晴らしいことですね。どこまでも極めていけますしね。
Commented by gy1117 at 2007-03-07 22:38
手編みのセーターはホントに温かいですね。
気持がこもっているからよね、きっと。
アラン模様、大好きですよ〜
でも後継者がいないって寂しいですねぇ。
いいものは確実に伝わって行って欲しいですね。
Commented by wakako at 2007-03-07 22:57 x
kirakuさんがおっしゃるように
最近は雑貨小物のニットが全盛ですねー
でもやっぱり手間をかけて、付加価値のついた
ニットウエアーを作っていきたいですね^^
Commented by teamikiraku at 2007-03-08 07:19
chojiiroさん
やはりアランは白、生成りのイメージですね。
で・・・今回は違ったアランを目指そうと思っています^^
どんな分野でも極めれば、奥が深いし、そこからいろんな処に繋がっていくように思いますね^^楽しみながら頑張らねば・・・
Commented by teamikiraku at 2007-03-08 07:20
gy1117さん
手編みニットは日本でも後継者が少なくなっているようです。
安価で素晴らしい製品が手に入るようになりましたから・・・
少しずつ、編物の技術を伝えていかなければいけないな~と思います
Commented by teamikiraku at 2007-03-08 07:22
wakakoさん
最近、私も小物を沢山作るようになりましたが、やはり物足らないですね
いつまでもウエアを追求していきたいものだな~と思っています^^
頑張りましょうね!
by teamikiraku | 2007-03-06 07:34 | ニットの事 | Comments(8)

手編み着樂です。色の組み合わせを楽しむニット達を編み、ギャラリーやクラフトフェアなどにて出店販売しています。


by kiraku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る