まっすぐ編むボレロ

先日、だいぶ前に編んだ鍵針編みのボレロについてお問い合わせがありました。

a0049614_10251965.jpg
まっすぐ編んで、袖口の箇所を空けて、またまっすぐ編みます。
上下を逆に着るとこんな感じです。
a0049614_10453987.jpg

製図はこちら
a0049614_10270413.jpg
編み方は※1の方向から編む※2の方向から編む※3(参考)と模様によって編む方向を変えると編みやすいかもしれません。

※1の場合
1、模様のゲージを取る
2、寸法から目数を割り出して目数、段数を決める
3、裾から29センチ編んだら、袖口の部分はあけるので、……23センチの段数分は3箇所に分けて編み、23センチ編んだら編みはじめと同じように116センチ(40➕36➕40)の目数で13センチの段数を編む。
4、周りを一周、縁編みをする

※2の場合
1、2は上記と同じ。
3、40センチの段数を編んだら、13センチ編み、袖口の23センチの部分を伏せながら編む。残り29センチを編む
4、次の段で前の段の伏せ目のところで
(別鎖で23センチの目数をを作っておいて)
その鎖の目を拾いながら編んでいく。
5、同じ要領で最後まで編む

※3は参考に……まず後ろ身頃になる部分を裾から編み、
編む方向を変えて、脇部分から、左右の前縦に向かって
編みます。この写真のものは、このやり方で編んでいます。
どのやり方でやるかは、模様によって変わると思います。

糸、模様によって目数、段数が違うので
説明が難しいです。
文章での説明はわかりづらいかもしれません。

本屋さんで見つけたのですが
「簡単たのしい手編みの時間」という編み物の本に
まっすぐ編むボレロがのっていました。
探してみてください。

このボレロ、棒針で編んでも、雰囲気が変わって素敵なものが出きると思います。 

頑張って素敵なボレロを編んでくださいね。


[PR]
by teamikiraku | 2017-11-07 10:23 | 編み図 | Comments(0)

手編み着樂です。色の組み合わせを楽しむニット達を編み、ギャラリーやクラフトフェアなどにて出店販売しています。


by kiraku
プロフィールを見る
画像一覧