手仕事の勧め

昨日の我が市の情報誌によると
特養ホームへの入居の待ち人数は609名。
まさに5人に1人の割合だそうです。

特養ホーム、一般の介護老人ホームなどの区別などまだよくわかりませんが
料金的にもかなりの開きがあるようです。

先日、父が倒れました。
現在病院にお世話になっていますが、なにぶん89歳という年齢です。
様々な問題に直面しているところです。
身内でも80歳を越す夫が妻の介護をしています。
ヘルパーさんの助けを借りながらの介護ですが、言葉で表せないほどの苦労だと
察します。

友人の編物教室の生徒さんの中には
介護をしている方が数名いらっしゃるそうです。
とても大変な日々の中、ヘルパーさんに来ていただいている時間に
数時間の編物の時間を楽しんでおられるそうです。

編物好きの方達とのおしゃべり
手を動かして、作品が完成していく喜び・・・
編物ができて良かった・・・・つくづく言われるそうです。

手仕事は日々の生活の中での癒しと潤いを与えてくれます。

何か、少しずつ、続けてみることをお勧めします。

介護する側、される側。
これからどちらも経験することになります。
自分のためにも、子供達のためにも、体に気をつけること。
そして直面する金銭的な問題。
無駄使いをしないようにしなくては・・・
[PR]
Commented by at 2010-09-20 09:16 x
お父様、その後いかがですか。
お元気になられますように、、お祈りしています。

私の父親も1月に87歳になります。
背骨が痛いと背中をさすっています。
もう他人ごとではありません。
介護、施設などの言葉に敏感に反応するようになりました。

健やかに人生の終焉を迎えることはむずかしいようです。
ぴんぴんころりが理想です。
Commented by teamikiraku at 2010-09-20 13:36
mさま
お父様、同じくらいの年齢ですね。父は意識レベルが低く、今後どういう風に回復していくかは今のところ、わからない状況です。介護について、初めて、真剣に向き合う事となりました。
ぴんころりとなるためには、どうすれば良いのか、真剣に考えています・・・
お互い、先は短いようで長いかもしれませんね。
by teamikiraku | 2010-09-19 17:06 | 日々の事 | Comments(2)

手編み着樂です。色の組み合わせを楽しむニット達を編み、ギャラリーやクラフトフェアなどにて出店販売しています。


by kiraku
プロフィールを見る
画像一覧