人気ブログランキング | 話題のタグを見る
お知らせです〜

映画、ドラマを見るのは楽しみのひとつ。

最近は
ドラマを見る時間にテレビの前に座れないときは
以前はビデオにとってましたが

TVerで見ることが多くなりました。

アプリを入れておけば
スマホでも
テレビのアマプラの画面でも見ることが出来ます。

「今夜すき焼きだよ」というドラマを見ていたら
番組一覧で
大好きな
「ちょこっと京都に住んてみた」の続編がありました。

また大好きな近藤正臣さんの京都弁が聞ける。

素敵なお店に出会える。

すっごく嬉しくて……

こんな小さな楽しみだけど
何だかすごくすごく嬉しい。
# by teamikiraku | 2023-01-28 16:35 | 映画 | Comments(4)
今朝はこの冬で初めて
畑が霜柱で真っ白でした。

さっむい!
さっむい!

エアコン、苦手。

何だか、冷たい風が吹いてくる場所があって…

スイングしたりして
空気を動かしても
何だか寒い!

ヒーターが暖かくて良いんだけど…
灯油、高いしね。

早く、暖かくなって欲しい。


で…
巷で流行ってる?

バラクラバ???

最初……何??と調べました。

なーんだ!

フード付きのネックウォーマーじゃん。

昔からあるよ〜

横文字にすれば良いと思ってぇー

で…こんなん編めました。


フード付きネックウォーマーを編みました_a0049614_13221570.jpg



↑を見つけたので
編み図を参考にしました。

糸は手持ちのものなので
サイズを参考にして
目数、段数等は変更してます

フード付きネックウォーマーを編みました_a0049614_13181535.jpg


明るめグレーの中細とグレーのミックスのブークレー糸の2本取りで
6号針使用。

なかなか暖かくて良いので
もう一枚、編み出しました。

グレーの中細は一緒。
引き揃える糸を白のブークレー糸。

フード付きネックウォーマーを編みました_a0049614_13204848.jpg


色合いが明るくなります。

フードの模様を少しだけ変更する予定。

暇ーな時に、ボチボチと編みます。
# by teamikiraku | 2023-01-28 13:08 | ニットの事 | Comments(6)

カラフル新作ニット完成

久々のニット新作のご紹介。

一種類の糸だけでは
ウエアにするには
残量が少ないものを
いくつか組み合わせてセーターを編むシリーズ。

糸の在庫を減らそうと
頑張っています。

オレンジの中細糸。
オレンジの段染め糸。

この2種類を基本色として編みました。


カラフル新作ニット完成_a0049614_21133977.jpg

カラフル新作ニット完成_a0049614_21133952.jpg


カラフルは楽しい!

同時進行で
今流行りのバラクラバとやらも
完成して…
もう一枚
色違いで編み出しました。

コレ、意外に暖かくて
良いです〜
次回に紹介しますね。

そして
ウエアは次は、オフホワイトの組み合わせで編むことにしました。

手を動かしていると
時間が経つのが早い。

編み物は良いなぁ〜
# by teamikiraku | 2023-01-25 21:08 | ニットの事 | Comments(4)

本の中の言葉

またまた寺地はるなさんの本から……


本の中の言葉_a0049614_22544702.jpg


母の残したワイナリーを
兄弟でその意志をついでいくと言うお話。
簡単に言えば………ね。

心に残った言葉。

祖父からの結婚する孫へのお祝いのメッセージ。
…………………

結婚は嫌なこと面倒なことの連続や。

嫌なことから逃げ続けることはできない
受け止めるしかない。
目をそらしたらあかん。
そうしたら身体のどこかにぶつかって大怪我をする。
しっかり目をあけて、色んな角度から観察しなさい。
正体がわかったら
あとは叩き潰すなり
放り投げるなり
好きにしなさい。

………………

最初の結婚を「人生」に置き換えてみました。
確かに、嫌なことは
まずは受け止めるしかない………

そして目をそらさずに
色んな角度から観察する←コレ大事。

太刀打ちできない時
どうすれば良いのか?

しっかりと考えたい。


# by teamikiraku | 2023-01-22 22:54 | | Comments(2)
神社仏閣詣りが好きで、御朱印も集めています。

困ったときの神頼み。

沢山のお願い事をしてきました。

でも、そんなところに神様はいらっしゃらない…と思うようになりました。

年のはじめは、近くの小さな小さな氏神様に、新年を迎えられたお礼だけを言って、お願い事はなし。

…………

読書が好きで年間60冊くらい読みます。

寺地はるなさんを最近は立て続けに読んでいます。

名言が散らばっていて
ウンウンと頷くことが多い。
読書からストンと腑に落ちる_a0049614_12084772.jpg


「ガラスの海を渡る舟」で
感じたこと。

東北の震災の時、その後も…
自分に、辛いことがあっても
被災した人に比べたら、まだ耐えられる…人に話すほどのことはない…
と我慢した人が多かったと思うのですが

もっと大変な人がいる。
この言葉を口にする時、人は自分の気持ちを大変さをないがしろにする。

辛さを乗り越えるために
もっと大変な人がいるからと
自分を納得させることってありますね。

そんなことを色々と考えました。

「夜が暗いとはかぎらない」
読書からストンと腑に落ちる_a0049614_12100648.jpg


連作短篇集なのですが
この中で
友人が亡くなって、沈んでいる孫に祖父がかける言葉。

生きている自分を大事にすることが何よりの供養やと思っている。

ばあちゃんから教えてもらったやり方で料理を作ること。
それを食べて今日も明日も生きていくということ。
ばあちゃんが生きていた頃と同じ様にテーブルに花を飾ること。
習慣だから、そのたびにばあちゃんを思い出したりはしない。
もう、じいちゃんの一部になっている。

ばあちゃんだけじゃなく
今まで人生で関わった人、全部が
自分の一部だ。
自分の中に取り込んで生きとる。

死んだ人間は天国にもどこにも行かん。
小さな沢山の欠片になって、散らばって
沢山の人間に吸収され、生きている人間の一部になって留まり続ける。


………

この言葉が胸に刺さって
腑に落ちて
今の自分にヒントになる気がしています。



# by teamikiraku | 2023-01-13 11:35 | | Comments(4)

手編み着樂です。色の組み合わせを楽しむニット達を編み、ギャラリーやクラフトフェアなどにて出店販売しています。


by kiraku